本文へスキップ

富田雅美ダンスユニットは調布で活動するダンス&バレエスクールです。

生徒、父兄の声TOPICS

生徒の声NEWS

初めて雅美先生の発表会に参加したとき他のバレエ団とは少し違うところがあるなと感じました。

布多天神での森の発表会でした。
ナイトレインボーという物語で私の役はアリンコです。
先生は想像力が豊か。
先生のアイディアダンスでいろいろなものになれるって楽しい。

いつも舞台が超、超、超 楽しみです♪
教室のお友達同士はとても仲良し。団結力がある。
たくさん練習して先輩に追いつきたい、小さい子には負けたくないと言う気持ちで 頑張ります。
これから、もっともっと、ダンスが好きになっていくと思います。  
(maya
 3年生)


私にとっての創作ダンス

それは私の楽しみの一つであり、新しい何かを生み出すという事でもあります。

基本的にインドアが好きな私は絵画や読書という事が楽しみの中心で、外で
遊ぶということはあまりありませんでした。

しかし、踊るということが私の心を大いに動かし、さらに、工作が好きな私は、
踊りを作り出すという事は本当に楽しいなと、レッスンの時に改めて思います。

ひとつの事を深く考える事によって、個性的でユニークな発想がたくさん生まれます。
土曜日の創作の時間が楽しく、その前にあるバレエの基礎クラスの時間にも
励みが出ます。

雅美先生のブログに、良く出来た作品を載せてもらい、自分の作った作品を
誰かに見てもらえる、認めてくれると思うと次に創作するときに、また褒めてもらいたい、そんな気持ちが湧いてきます。

先生は良いアドバイスをくれるし、うまくできた時は絶賛して褒めてくれる。
先生がテーマを言えば、私たちは1ミクロンのためらいもなく、創作に励みます。
一人で作る時も、多人数で作る時も、創作するときの気持ちと勢いは変わりません。

先生の作品や先輩のお姉さんたちに近づけるようにこれからも頑張って経験を積み重ね技術を磨きたいです。 (maya 6年生)(上のコメントをくれたmayaちゃんの3年後のコメントです)

ご父兄の声NEWS


娘は赤ちゃんの頃から音楽にあわせて踊るリトミックが大好きでした。
そこで好きな事を生かせ、全身運動で脳を刺激し、舞台も楽しめる・・というダンスを習わせることにしました。

入会したのは3歳の春の事です。

初めはなかなか溶け込めずママのそばを離れられなかった娘。
ほどなくして先生の厳しくも楽しいレッスンを楽しみにするようになりました。
そして入会後1年で4回の舞台に出演し、その舞台を経験するたびに少しずつ、でも確実に成長する娘の姿がありました。
難しい振付が踊れるようになったり、体力がついてきて何曲も踊れるようになったり。

今では大勢のお客さんの前で堂々と振舞えるようになりました。
私自身、チャチャチータスの可愛くてパワフルな舞台を観るのがとても楽しみです。
今では、教室の存在が娘と私にとってかかす事のできない存在です。
どんな習い事より成長する事間違いなしのお稽古ですよ!

miharu 母